HandBreak 圧縮テスト FPS Preset Quality Profile ビットレートなどでサイズ はどうなる 2022-08

動画の変換ツールとして重宝しているHandBreakは、機能が多くてしかも無料という神アプリです。

今回、ファイルサイズを小さくするためにパラメーターを変えてテスト比較してみました。

結論としては、

いろいろとパラメーターはあるけれどビットレートで調整するのが一番簡単ということがわかりました。

 

 

HandBreakの初期値

初期設定

very fast

fast

HQ

super HQ

preset

3

5

7

9

左端1右端10

Tune

none

none

none

none

profile

main

main

high

high

Level

3.1

3.1

3.1

3.1

サイズを小さくする設定を探す

FPS

Preset

Quality

profie

サイズMB

ave.bit rate

bit rate Mb

level

コメント

ソース

24

215

指定しない

1.5

3.1

ソース動画

Test1

same src

4

21

auto

287

指定しない

2

3.1

Test2

same src

2

21

auto

375

指定しない

2.7

3.1

処理時間短め

Test3

same src

8

21

auto

89

指定しない

0.6

3.1

サイズ小さい

Test4

same src

4

30

auto

136

指定しない

0.9

3.1

Test5

same src

4

auto

162

1000

1.1

3.1

average bit rate=1k指定

Test6

same src

4

auto

134

800

0.9

3.1

ave=0.8k指定

Test7

same src

4

auto

134

0.9

2

Test8

same src

4

auto

89

0.7

1.2

サイズ小さい

 ビットレートと画質の関係

条件qualitytが不明なソース

画質

ソース

24

4

?

135

1.2

ソース

TEST1

24

4

?

main

161

1.4

TEST2

15

4

?

main

156

1.3

TEST3

24

4

?

auto

28

0.2

にじむ

TEST4

15

4

?

auto

27

0.2

にじむ

結論 
サイズと画質の調整はビットレートで行うのが簡単。
ビットレート1Mb以上あればそこそこの画質になる。

 

 

HandBreakのダウンロードはこちらから

おすすめ

Translate »