もみじ谷 大吊橋の紅葉が真っ盛り、塩原ダム(栃木県)【関東・紅葉とダムと峠めぐり2021】

もみじ谷 大吊橋 栃木 紅葉

もみじ谷 大吊橋

道の駅 湯の香しおばら アグリパル塩原からのスタートです。

道の駅 湯の香しおばら アグリパル塩原

道の駅 湯の香しおばら アグリパル塩原

長い名前でおぼえにくい。ハイドラでは、道の駅「しおばら」になってて、シンプルで覚えやすい。

象徴は、牛さん。

道の駅 湯の香しおばら アグリパル塩原

超軟問・・モフ太を探せ!

道の駅 湯の香しおばら アグリパル塩原

 

さて、近くにダムのチェックポイントがあるので獲りに行きます。

ナビにセットして走っていたらハイドラのバッジが出現しました。

しかし、朝5時40分ごろで、まだ真っ暗。

ダムらしきものは見えません。

ナビに従って進むと

おお、なにやら巨大な橋があるようです。

右手にはオレンジ色の朝日を浴びて紅葉が出現しています。

 

もみじ谷大吊橋

 

 

巨大すぎてなかなか写真に収まりません。

それにしても気温5℃、めっちゃ寒い。

すこしずつ日が昇り、明るくなってきました。

もみじ谷 大吊橋

早朝すぎて駐車場は貸し切り

モフ太を探せ!

300円だそうです。

 

朝日があたると🍁がきわだってますます綺麗ですね〜

塩原ダム、もみじ谷 大吊橋

ダムは日光国立公園内に位置し、潜竜峡や塩原温泉郷に程近い観光地内に建設されている。

ダム湖である塩原湖周辺は環境整備がなされており、ダム右岸には塩原ダム公園が整備された。

ここに1999年(平成11年)、塩原湖を跨ぐ「もみじ谷大吊橋」という全長320 mの歩行者専用の吊橋が完成した。

この吊橋ではトラスなどの補剛桁を用いず、横に張ったワイヤーロープで強度を確保しており、無補剛桁歩道吊橋としては本州一の長さを誇る。

春の新緑や秋の紅葉の季節には鮮やかな景色を湖面に映し、塩原の新観光名所となった。

完成年には110万人の観光客が訪れ、今でも年間50万人が訪れる日光国立公園の観光スポットとして定着している。

ダム周辺はクマタカの繁殖地でもあり、近年は「日光・那須塩原緑の回廊」という計画が立案され自然保護を行おうという動きが起きている。

通行料金は、大人が1回300円(20人以上の団体は一回270円)、中学生、高校生、65歳以上の高齢者、障害者は1回200円(20人以上の団体は一回180円)、幼児は団体個人共に無料である。また、那須塩原市民は無料で通行できる。通行料金は、この吊橋の維持管理費として徴収されている。

駐車場は無料で左岸(国道400号側)で小型車が123台、大型車が8台、右岸で小型車が25台収容できる。

2013年に「恋人の聖地」に認定された。Wikipediaより

塩原ダム

塩原ダムに行くには、🚙クルマでは、ぐるーりと回り道しないといけないです。今回はダムまで行ってません。

塩原ダム

吊橋から行けるのかどうかはわかりません。

那須塩原エリアは、紅葉スポットとして、テレビでも特集されてました。けっこう有名なエリアのようです。

つづく

【関東・紅葉とダムと峠めぐり2021】もくじ

関東紅葉と峠めぐり2021

おすすめ

Translate »