【関東峠プロジェクト】椿ライン、走りやすいワインディングロード、電波良好 [神奈川県]

椿ラインは、伊豆半島の付け根の箱根や熱海の近くの山の中のワインディングロードです。

 

 

ハイドラ・チェックポイントは、上のように北側がダウンヒル始点、南がダウンヒル終点になっています。

 

ルート

今回は、南東の海側から登っていき、椿ラインに入り、大観山の展望台まで進みます。

 

まず海から登ってきると、ターンパイクこちらの看板がでてきます。

そのあたりでハイドラ・チェックポイント「椿ライン・ダウンヒル終点」が出ます。

実は、ここ、すぐ先でUターンになってて、そのUターンしたあたりがチェックポイントになってて、直線距離では最寄りポイントなので、ここでチェックポイントがとれるというわけです。

ナビに椿ラインの始点をセット。8kmぐらいのようです。クネクネしていますね。

 

すこし走ると分岐点。

左が湯河原パークウェイ、右が椿ライン。

ここから、クネクネの上りがつづきます。

どんどん登っていきますと、見晴らし抜群で気持ちがいいワインディングロードになります。

椿台、おそらく椿ラインで唯一の展望台とトイレ。駐車台数は数台のみ

椿台をすぎるとワインディングロードはクネクネが少なくなってきて走りやすいです。

大観山まで6kmの看板のあたりでハイドラ・チェックポイント「椿ライン・ダウンヒル始点」が出ました。

電波も良好でチェックポイントは容易に獲れます。

ここが峠のようです。

ほんのすこしだけ駐車スペースがありましたので休憩。

眺望はまったくなし。

ここから、大観山に進みます〜

大観山まで行くと富士山が見えますよ。

つづく

 

【攻略データ】

・椿ラインは片側一車線でセンターラインありのワインディングロード。

椿台から下りはクネクネでヘアピンが多く舗装が少し荒れている場所もある。

椿台から上りは道幅が広くクネクネも減り凸凹もほぼなく、よく整備されていて走りやすかったです。

・電波も良好でチェックポイントは獲りやすい。

・展望台とトイレは「椿台」だけ。

 

【関連】

【関東峠プロジェクト】すべての峠道・35箇所・チェックポイント一覧と地図 GoogleMap ハイドラCP巡り

 

 

【Amazonの読み放題のすすめ】

kindle

「るるぶ」「まっぷる」などは、ふつう1000円ぐらいするのですが

kindle読み放題会員になると何冊でも0円で読めますよ😃

わたしも会員になって気になる雑誌は毎月0円で読み漁ってます。

会員価格は980円なので1冊読めば元がとれますよ。

旅行、写真、クルマなどいろんなジャンルの雑誌は毎月でますから読めば読むほどお得。

北海道、東北、関東などなど県別にるるぶとまっぷるを眺めるだけでも楽しいですよ。

しかもスマホやパソコンで読めるから旅行に重い本を持っていかなくてもいいです。

 

おすすめ

Translate »