mRNAワクチンの産みの親・ロバート・マローン博士がワクチン接種に警鐘

ロバートマロン博士
ロバートマロン博士

以下はhttp://www.heisei.or.jp/blog/?p=18082より抜粋

2021年12月

<ロバート・マローン博士の動画の翻訳>

私の名前はロバート・マローンです。私は医師で科学者です。

そしてもう一つ大事なことは、私は一人の父親であり祖父の立場からあなたに話しています。

私はこの声明をワクチンの研究開発に捧げた自分のキャリアを元に行っています。

私は、あなたが自分の子供に「ワクチンを接種するという後戻りのできない決断」をする前に、

私が生み出したmRNAワクチン技術で製造された遺伝子ワクチンについて、

科学に基づく真実をあなたに伝えたいのです。まず、両親が理解しておく必要のある3つの大事な問題があります。

第一に、mRNAワクチンを接種するということは、あなたの子供の細胞にウイルス遺伝子を注射されるということです。この遺伝子はあなたの子供の体を毒性のあるスパイク蛋白を作るように誘導します。

これらのスパイク蛋白は、しばしば子どもの重要な臓器に永久的な損傷を引き起こすことがあります。

すなわち、このワクチンは子どもの脳と神経システム、心臓と血管、そして凝血、生殖システム、そして免疫システムの基盤に重大な変化を引き起こす可能性があります。

これに関する最も警戒しなければならない点は、このような損傷が発生してしまったら、子どもの脳の中で生じた損傷、心臓の組織にできた傷跡、遺伝的にリセットされた免疫システムを修復することはできません。

このワクチンは生殖系の損傷を起こし得るので、あなたの家族の未来に影響を及ぼすかもしれません。

2番目は「この新しい遺伝子ワクチンの技術はこれまでに適切に試験されてこなかった」という真実。

新薬の害とリスクは、しばしば何年も経ってから明らかになることもあります。

人類史上、最も過激な医学実験に自分の子供を参加させたいかどうか、あなた自身に自問してください。

3番目、それは「あなたの子供に予防接種をさせるために当局が言っている理由は嘘である」という事実です。

子どもはあなたたち両親や祖父母に危険を及ぼすことはありません。

結論は

ワクチンによる既知の健康へのリスク、

そして残る人生を子どもたちと一緒に過ごしていくことを考えると、

コロナ感染という些細なリスクのために子どもにワクチンを接種することは、その子にとってもあなたの家族にとっても何ら恩恵はありません。

私は親として、また祖父として、あなたに「子どもを守るために抵抗し、戦う」ことを勧めます。

(以上 引用終わり)


 

 

医師と科学者の国際組織「Global Covid Summit」は今年(2021年)9月にローマでコロナの政策に関する宣言書を採択、15000人以上の医師と医学者は宣言書に署名をしています。

この宣言書は医師であれば誰もが知る医神ヒポクラテスの誓いに基づいています。

その誓いには、

患者に利すると思う治療法を選択し、害と知る治療法を決して選択しない。

依頼されても人を殺す薬を与えない。

同様に婦人を流産させる道具を与えない。

など医師としての守るべき倫理的指針が書かれています。

10月29日には新宣言書を採択、その冒頭には

「健康な子どもに強制的なワクチン接種をすべきでない」

と書かれています。

出典

詳細http://www.heisei.or.jp/blog/?p=18082


関連記事

未成年にワクチンを打った結果、体が硬直、不随意運動など発生。政府は無視してワクチン推進。

ワクチン接種開始から3ヶ月で1000人以上が死亡、後遺症500人以上、ファイザーが裁判に負けて公開。参議院。国会。

ファイザー社長の発言「わたしはワクチンを打ちたくない」

GACKT ガクト ワクチンを語る

ワクチンを打った人に心筋炎が増加。打った方がコロナに感染しやすい。

米国で報道禁止 「ワクチンの副作用について」 ドクター苫米地が解説【拡散希望】

コロナ ワクチンの動物実験、マウス、サル、100%死亡

 

Amazonで検索【ワクチン関連書籍】

おすすめ

Translate »