『ニュー・アトランティス』フランシスベーコン

ニュー・アトランティス

 

『ニュー・アトランティス』は、イングランド近世(ルネサンス期)のキリスト教神学者、哲学者、法律家フランシス・ベーコンによるユートピア小説で、未完の遺稿。1627年に “New Atlantis” として英語で出版された。この著書に出てくる架空の島の名はベンサレム(Bensalem)、理想の学問の府が「ソロモンの館」(Salomon’s House) である。

 

 

ベーコンはここで、科学技術の発達したユートピア世界と理想の国家を描いている。この著作は未完のまま、ベーコンの死後に出版された。

ハーバード・クラシクスの第3巻に収められている。

 

ペルーから船出した「われわれ」一行は、日本、中国を目指すが風に恵まれず、進退きわまっていた。そんな時にようやく未知の島「ベンサレム」にたどり着く。ここは「われわれ」と同じキリスト教徒の国であり、一行は異国人のための館に案内され手厚くもてなされると、この国の歴史や社会制度、慣習、「ソロモンの館」という学究機関の話などを聞く。

「わが学院の目的は諸原因と万物の隠れたる動きに関する知識を探り、人間の君臨する領域を広げ、可能なことをすべて実現させることにある」

それは科学技術の発達した理想郷のような世界であった。

 

主な日本語訳

中橋一夫 訳『ニュ・アトランチス』 河出書房新社(世界古典文庫)1948年
中野好夫 訳『ニユー・アトランティス』 思索社(思索選書)1948年
成田成寿訳 「ニュー・アトランティス」 – 『世界の名著20 ベーコン』(中央公論社 1970年)に所収
川西進 訳『ニュー・アトランティス』 岩波文庫 2003年

価格チェック【Amazon ニュー・アトランティス】

 

おすすめ

Translate »