青森県【尻屋崎灯台】日本一高いレンガ造りの灯台 高さ33m 津軽海峡が一望

 

日本一高いレンガ造りの灯台

尻屋崎灯台は、高さ33mでレンガ造りの灯台としては日本一の高さを誇ります。

明治9年(1876年)に建設され、国の重要文化財に指定されています。

白亜の灯台は、青い海と空に映えて美しく、本州最北端の岬に立つ姿は圧巻です。

灯台内部には、レンガ造りの螺旋階段や、当時の灯器などが展示されています。

 

日本全国の登れる灯台16基のひとつ

 

実際に登る動画、そこまでのドライブも含む。

 

 

 

 

 

alt
alt

 

 

津軽海峡と太平洋を一望できる絶景

灯台の内部には128段の階段があり、上まで登ると津軽海峡と太平洋を一望できます。晴れた日には、青森市街地や北海道の山々まで見渡すことができます。

寒立馬が放牧されている景色

尻屋崎周辺には、青森県天然記念物の寒立馬が放牧されています。灯台の周辺を散策していると、寒立馬の姿を見かけることがあります。

寒立馬の放牧は春から秋の季節に見られます。

灯台の周辺には、寒立馬が放牧されている牧草地や、海岸線の断崖絶壁など、見どころが満載です。

 

 

強風のために見学(登るの)は一時休止の時もあります。
強風で登ることができなくても、
灯台に人がいればスタンプは押してもらえます。
誰もいないと万事休す。出直すしかないです。
スタンプ帳もお忘れなく。
alt
バスは午後は1時台でおわり。
クルマなしでは、かなり厳しいです。

alt

alt

このときの最大風速4〜5m/sec
木の葉や細かい枝が激しく揺れる。洗濯物が飛ぶぐらい。
フライトは、風が穏やかになるまで待ちました。
alt
alt
alt
alt

 

強風のために見学は一時休止の時もありますホームページで確認↓

尻屋埼灯台(しりやさき)

 

そういや、尻屋崎灯台に向かう手前2kmぐらいのところに時間制限のゲートがあるので要注意です。

開門時間は以下です。

4月1日から4月30日までは午前8時から午後3時45分まで
5月1日から11月30日までは午前7時~午後4時45分まで
12月1日から3月31日までは冬期間ゲート閉鎖となっています。

最新情報はホームページから確認しましょう。

http://www.vill.higashidoori.lg.jp/nousui/page810023.html

 

alt

 

 

alt

おすすめ

Translate »